ファインバブル発生装置「ファインアクア」

マジックバイオくん

製品の特長


通常の気泡は、発生後すぐに水面へ浮上し外部に放出されてしまいます。
ファインアクアは、浮力の影響を受けにくい非常に微細な気泡ファインバブルを液中で発生させる装置です。

これにより、生物活性作用など様々な可能性が生み出され、多分野における新たなニーズの開拓が期待できます。

  1. 生物活性作用
    生物の酸素吸収が促進されることにより、微生物、植物等の成長促進、有機物の分解促進が確認されています。

  2. 気泡表面特性
    気泡の表面がマイナスの電荷を帯びており、材料の洗浄、液中のプラス電荷を帯びている物質を析出させる成果が確認されています。

  3. 酸化作用
    気体に酸化力のある物質(オゾン等)を利用し、微細気泡の特性を活かし、浮力の影響を受けず、また、気泡の大きな表面積を利用し、気体の持つ効果を有効に液中の物質に対して、影響を与えることが可能です。

  4. 液性の変質
    液体の中に微細気泡が存在することにより、元の液体の性質(酸化還元電位、熱伝導性、圧力分散等)様々な要素で変質の可能性が模索されています。

ファインバブルとは?


マイクロメートルサイズ(10-3メートル)以下の微細な気泡が、「ファインバブル」と呼ばれています。 それらの中でも、ナノメートルサイズ(約100~300nm)の気泡をウルトラファインバブルと呼びます。


洗浄イメージ


10億分の1メートルという微細なファインバブルゆえに、マイクロメートルサイズでは入り込めない隙間に入る事ができ、そこにある汚れや臭いの元を吸着させ、剥離します。

屋内洗浄、発育促進、養殖、汚水処理、斜体洗浄、野菜洗浄など、多分野における新たなニーズの開拓が期待できます。

お問い合せはこちらからお気軽にご連絡ください。

商品の詳細情報は、メーカーサイトからご確認いただけます。

このページのトップに戻る

株式会社テックコーポレーション 株式会社三共